社労士試験「ツボ式学習法」 坪義生 口コミ

 

社労士試験に出る重要ポイントと捨てるべき部分

あなたも自分で見分けられるようになります

詳細はこちらをクリック


社労士試験に半年で一発合格できる勉強法があります。


● 独学で問題なく受かります。
● 平日は2時間半、土日は4時間勉強します。
● 現在、知識ゼロでも大丈夫です。


知識ゼロからスタートして、合計500時間程度の勉強で合格レベルに到達できます。


一般的には、社労士試験に合格するには1,000時間の受験勉強が必要だと言われています。つまり、上記の方法は通常の半分程度の労力で合格可能なのです。なぜなのでしょうか?


それは、社労士試験の一般的な受験勉強法には“無駄”が多いからです。“無駄”というのは社労士の仕事に必要ないという意味ではなく、試験に合格するために役立たない知識という意味です。


これは資格スクールに通っていても同じなんですね。
講座内容・テキストに“無駄”が多いのです。


社労士試験に短期一発合格したかったら、試験に出る可能性のほとんどない部分を思い切って切り捨てなければなりません。


しかし、どこが重要でどこが重要でないのか、確信を持てないまま本番試験を迎える受験生がほとんどなんですね。


無理もありません。“無駄”な記述を多く含む講座・テキストばかりなのですから。


でも、上記の勉強法なら、試験に出る重要ポイントがはっきりわかります。その重要ポイントに絞って勉強すれば、他の受験生より相当有利なはずです。


さて、その勉強法とは、坪義生先生の



「社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法」


といいます。略して、


「ツボ式学習法」


坪先生は社労士試験講師歴18年の実績があります。
つまり、実績に裏付けられた学習法なのです。


詳細はこちらをクリック


「ツボ式学習法」には、いろいろな特長があります。それらの中で2つほどを、かいつまんで紹介します。


まず、外せないのが、


「社労士試験に出る重要ポイントを、自分で見分けられるようになる」


という点でしょう。


どんな試験でもそうですが、試験に出るポイントとそうでない部分を、明確な基準に従って「これは重要」「これは無駄」と見分けられたら、その試験には半分合格したも同然です。


「ツボ式学習法」に従えば、そうなれるのです。


もう1つの特長が、社労士試験合格をトータルにサポートする内容だという事です。


例えば、


● 社労士試験に効果抜群の記憶術
● テキストの選び方
● 模擬試験の落とし穴
● 横断学習の落とし穴
● 法律学習経験者の落とし穴
● 合格までの具体的なスケジュール
● モチベーションを高く維持する方法
● 試験直前の過ごし方
● 試験本番での裏技


などが盛り込まれています。


「ツボ式学習法」でも受験勉強である以上、一定の努力は必要です。しかし、その量は一般的な勉強法と比べて遥かに少なくて済むはずです。


今現在、法律の知識が全くなくても大丈夫です。
資格スクールに通わなくても、独学で合格できます。


ぜひ、半年間の受験勉強で社労士試験合格を目指してください。


詳細はこちらをクリック




坪義生先生の「社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法」の口コミ、レビュー、感想などの情報を公開しています。「ツボ式学習法」なら、独学でも半年程度で社労士試験に合格できます。




資格試験最短合格勉強法 中村一樹 感想


暗記をしない社労士試験合格法 小野里実 口コミ


行政書士試験短期合格術 小野たかひと 効果